MENU

プラノバールってノルレボの違い

アイピル,通販,口コミ,副作用,効果

 

プラノバールというノルレボ、とも事変避妊の時生きる薬ですが、それぞれに違いがあります。

 

ノルレボは事変避妊薬として開発された薬で、日本国内で唯一承認にあたってあり黄体ホルモンが含まれます。

 

因みにアイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品のことです。

 

プラノバールは旧事変避妊法といわれるヤッペ法に生きる薬に関しまして、黄体ホルモンって卵胞ホルモンのそれぞれが含まれた間音量ピルとして作られています

 

プラノバールは基本的にメンス無理症、過剰メンス、メンス度合狂乱や子宮一つ膜症、卵巣働き不全、使い勝手子宮出血などについて使われ、がんらい事変避妊の為に開発された薬ではありません。

 

平均プラノバールはホルモンをまかなう薬として作り方されます。

 

卵胞ホルモンは子宮一つ膜を太くし、黄体ホルモンは分厚くなった子宮一つ膜を維持して受精卵の着床を促し、もう一度内服を休薬することで古くなった子宮一つ膜を放出させるといった婦人ホルモンのバランスを整えるプラスを持ちます。

 

とも事変避妊のとき、黄体ホルモンが排卵に至っていない卵子はとあるケース、卵子の成熟を阻み排卵を抑制し、排卵やる場合は受精しにくくし、子宮一つ膜の増大を防いで受精卵であったときの着床を予防することを目的として作り方されます。

 

>>対応ピルを安心して購入できるアドバイザーは我々<<

プラノバールというノルレボの飲み方の違い

アイピル,通販,口コミ,副作用,効果

 

ラノバールは性交後者72間隔以内に1回目2錠、それから12間隔後に2回目2錠を服用します。

 

ノルレボは性行為後者72間隔以内に1回2錠を内服行なう。120間隔以内であれば効果はいるっていわれているので、72間隔を過ぎても医師にディスカッションください。

 

ノルレボは今まで物語容積は0.75㎎だった結果プラノバールと同じように2回服用する絶対があったのですが、2016歳4ひと月から1.5㎎が発売されています。

 

1.5mgとなった結果1回の取り入れですむ結果、呑み忘れがありません。

 

対応ピルを早期に内服することが重要です。副作用を避ける結果空腹時は避けましょう。

 

プラノバールは全部で2回、ノルレボは1回だ。

プラノバールとノルレボの副作用の違い

対応ピルの副作用には大きなものが2つあり、吐き気と嘔吐だ。

 

プラノバールは吐き気は約半分のお客様、嘔吐も約19%の方に出現しています。

 

ノルレボは吐き気が約19%、嘔吐が約8%といった副作用が出にくくなっています。

 

2間隔以内に吐いてしまうって十分な薬の素材が吸収できていない可能性があり、ふたたび服用することが求められます。もう受診し医師に処方してもらいましょう。

 

その他にも頭の弾性、目まいや頭痛、腹痛といった副作用がありますが、こちらは薬効が減少していけば自然と治まっていきます。

 

避妊成果という金額の起因

アイピル,通販,口コミ,副作用,効果

 

受胎妨害料率は、排卵日(危険日)付近の性交による受胎を防ぐ料率を計算したものです。

 

72間隔以内に服用したケース、避妊効果はプラノバール約57%、ノルレボ約85%だ。

 

どちらを使っても、早ければ早いほど避妊効果は高まり、たとえばノルレボなら常時以内で約95%、12間隔以内になると約99%にも受胎妨害料率は上昇します。

 

ただ12間隔未満となると性行為が終わって、すぐに医院に行かなければ伸びる結果、いよいよ常時~72間隔未満が多いのが現状です。

 

またメンス度合を何ら考慮せず、事変避妊薬の取り入れ後に妊娠して仕舞う料率を受胎料率といった効く、ノルレボでは1.1%に関し、プラノバールでは3.2%となります。

 

どちらの統計を見てもノルレボのほうが避妊に効果があることがわかります。

 

プラノバールの魅力は金額的に安い結果、産婦人科で処方してもらって約3,000~10,000円程度で済みます。

 

一方ノルレボの金額は、10,000円以上要するとして下さい。

 

プラノバールというノルレボの違い整理!

アイピル,通販,口コミ,副作用,効果

 

取り入れ数 

プラノバール   全2回 12間隔あけて
ノルレボ     全1回 

 

副作用

プラノバール   吐き気 約50%  嘔吐 約19%
ノルレボ           約19%      約 8%

 

受胎妨害料率(性交から72間隔以内の内服)

プラノバール   57%
ノルレボ     75%

 

金額

プラノバール   3,000~10,000円
ノルレボ     10,000以上

 

呑み忘れや副作用が少なく、ますます避妊成果を得たいならノルレボがおすすめです。

 

但し、費用が大きいためにプラノバールを選ばざるおえない人様も多くいます。

 

そこでお薦めはアイピルだ。

 

アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品で数多くの各国で販売されており、同様の効果が期待できます。

 

金額が安い

1パッケージ1,000円前後で購入できます。万が一嘔吐してしまった場合を含めて2個購入しても2~3,000円周囲だ。

 

事前に仕入れが可能

受診や処方箋が必要ないので、保険証明もいらず、いざというときに必要になる前から持っておくことができる結果避妊成功率が事前に購入しておく結果高くなります。

 

誰にもバレずに購入する事ができる。

 

銀行振込やコンビニエンスストアなどでの前払いが選べ、小包局留めもできるため安心して購入できます。

 

そうして望まない受胎を遠ざけるためにも避妊は敢然としてパートナーとの情愛を深めていきましょう。

 

>>アイピルを安心して購入できるアドバイザーは我々<<

このページの先頭へ