MENU

アイピルを産婦人科で処方してもらうには?

アイピル,通販,口コミ,副作用,効果

 

産科女性科へ行く必要があります。

 

病舎ですから最初は己検討、カルテ監修のために保険証の記帳を求められることがあります。

 

アフターピルは基本的に保険適応外なので診察にかかる対価は絶対自前となります。

 

医師による受診を受け、性行為後半72日数以内であり、ピルの内服に問題がなければ処方していただける。

 

問診で避妊にあたって医師から仰ることは確実です。

 

時折用心を受ける場合もありますが、避妊においてふさわしい記録を正しく聞いて、今後の避妊に役立てましょう。

 

病舎によっては卵巣の体調を確認して貰える。

 

排卵が起こった後半なのか、数日後に排卵しそうな気配があるのか、妊娠コースです卵管変はないかといったことを超音波医療で確認します。

 

日本で認可されてあるアフターピルはノルレボ錠だ。

 

ノルレボ錠のジェネリック医薬品がアイピルになります。

 

以前はヤッペ法という旧急場避妊薬が使われていましたが、副作用がひどく、ノルレボ錠になって改善されています。

 

ただ新旧問わず、受診といった製法の費用が100パーセンテージ自前の為、安くても旧型避妊薬で約5千円~、ノルレボで約100003千円もかかります。

 

ジェネリック医薬品のアイピルとしては売買がないうえ、いざというときのために事前にもらうこともできません。

 

そうしてアフターピルが製法できるかどうかは病舎を通じて異なります。

 

事前に接続し、製法できるのか、いくらくらい掛かるのかを聞いておくことがおすすめです。

 

ただし子宮乱調のある手法、重度の心臓、肝臓、腎臓、脳乱調の手法は服用すると再発したり、重症化する恐れがある結果、取り入れ制御の場合があります。

 

重度でなくても内服やる場合や授乳インサイドの手法は、受診歳月医師に必ずや対話ください。

 

アフターピルは通販で産婦人科の10分の1の代で購入する事ができるので、対価やお忍びが気になって病舎に行きたくない場合はネットを使って購入してみるのもいいかもしれません。

 

このページの先頭へ