MENU

アイピルはおめでたに影響する?

アイピル,通販,口コミ,副作用,効果

 

アイピルを服用したのはいいけれど数年後に受胎を望んだときに影響はないの?

 

アイピルを飲んでしまったが妊娠していた場合に胎児に衝撃はないの?

 

などアイピルに関しまして知っておきたいのではないでしょうか。

 

受胎の手続き

アイピル,通販,口コミ,副作用,効果

 

それでは正常な受胎の手続きを知っておきましょう。

 

奥様の身体には卵胞ホルモンといった黄体ホルモンの2つが働いています。

 

こういう2つが交互に増減を繰り返して生理ペースを作っています。

 

卵胞ホルモンにより卵巣における卵子が成熟して排卵決める。

 

排卵すると卵子は卵管采という所にとりこまれ、そこから卵管を移動します。

 

精子は射精された膣内から子宮頚管を通過して卵管に入ります。

 

卵管で卵子という精子がぶつかり、受精すると受精卵となって子宮に向かいます。

 

子宮うち膜で着階層すれば受胎クリアだ。

 

黄体ホルモンは子宮うち膜を分厚く維持し、受胎しやすい雰囲気を作ります。事後受胎したら受胎黄体となって受胎を維持する働きをします。

 

受胎しなかった案件、卵子は古くなった子宮うち膜と共に体外に排泄され(生理)、ふたたび受胎において準備していくのです。

 

アイピルは黄体ホルモンとして絡み、排卵御法度、受精御法度、着階層御法度の効果があります。

 

アイピル服用後の受胎

 

アイピル服用帰路、身体から薬の効力が切れて、近々元来持っていた循環へという戻っていきます。

 

3~半年ほどで大体の方法は生理が定期的に生じるはずです。

 

定期的に生理が来るようになれば受胎に向けた体の予約はできています。

 

中絶施術になると心、肉体的、経済的にも気がかりが広く、状況によっては今後受胎しにくく向かう可能性もあります。

 

アイピルなど窮地避妊薬による案件、身体への気がかりは施術について軽々しい品として、薬を服用したことによって不妊になったり、幼児がバリアーを持つなどの恐怖はないとしていいでしょう。

 

アイピルをまさに飲んでいる案件、その後の受胎は問題ありません。

 

ですが、飽くまでアイピルは窮地避妊の為の薬であって、副作用を考えるって常用はできません。

 

避妊を考えるのであれば低能力ピルによることを考えてみましょう。

 

>>アイピルを安心して購入できるコーディネーターは自分<<

このページの先頭へ